大学院案内

大学院案内 農学研究科から総合科学技術研究科農学専攻へ

静岡大学大学院農学研究科は1970年に設置されました。第1回修了生はわずか8名でしたが、社会が高度な知識と技術を持った研究・技術者の養成を大学に期待するように変化してきたことを反映し、1990年代以降は、定員は87名まで徐々に増加し、修了生の一部は博士課程に進学しています。
 2015年度からは、情報学、理学、工学研究科と統合し、新たに総合科学技術研究科農学専攻としてスタートいたしました。また、大学のグローバル化に先駆け、2013年度からはグローバル農学人材育成コース(10月入学)を開始し、2015年度からは、外国人留学生英語特別コース(アジアブリッジプログラムを含む)として、外国人留学生の募集を受け付けております。多様な人材が入学することは、大学院における教育研究を活性化する一つの重要な要因であるため、さらに多くの他大学出身者や留学生が本専攻に入学されることを期待しています。

静岡大学大学院総合科学技術研究科農学専攻

静岡大学大学院総合科学技術研究科農学専攻

岐阜大学大学院連合農学研究科(博士課程)

専攻名 入学定員 連合講座名
生物生産科学 7名 植物生産管理学・動物生産利用学
生物環境科学 5名 環境整備学・生物環境管理学
生物資源科学 8名 生物資源利用学・スマートマテリアル科学・生物機能制御学

創造科学技術大学院(博士課程)

専攻 定員 キャンパス
バイオサイエンス 8名 静岡
環境・エネルギーシステム 7名 静岡
情報科学 10名 浜松
光ナノ物質機能 12名 浜松
ナノビジョン工学 13名 浜松