教員・研究案内

森林防災工学研究室

今泉文寿

近年,気候変動の影響もあり,世界各地で災害が多発しています。日本は国土の4分の3が山地であるため,自然災害の中でも特に土砂災害による被害が顕著です。どのようにすれば土砂災害を減らすことができるのでしょうか。災害を減らすひとつの方法として,山地での人間活動を行わないという選択肢が考えられますが,現実的ではありません。日本では都市圏を結ぶ交通網は必ずといっていいほど山地を通過しており,また山間部には長い歴史により培われた地域固有の文化があります。山地は循環利用可能な資源である木材資源の供給の場でもあります。そのため,山地での安全で持続的な人間活動を行う方法を探る必要があります。森林防災工学研究室では,自然と人間との共生のため,土砂災害の軽減に向けた研究活動をすすめています。

主な研究内容のひとつに,山地での新たな調査手法の開発と,それによる土砂移動プロセスの解明あげられます。災害が頻発する原因のひとつに,土砂災害の正確な予測が困難であることが挙げられます。予測が正確にできなければ,住民の的確な避難や,有効な防災施設の設置ができません。しかし山地はアクセスが困難であることが多いため,土砂移動に関する研究データの蓄積が乏しく,土砂移動プロセスには未解明の部分が多く残されています。そこで,ドローンや自動観測,地理情報システムを使った地形解析を駆使することで,山地の土砂移動を解明と土砂移動の予測精度の向上につながる研究をしています。

もうひとつは森林が有する防災機能の解明です。樹木の根は山の斜面を補強する効果があります。そのため,適切な森林管理は山崩れの防止につながります。また森林は,豪雨時に水や土砂が急激に河川へ流入するのを抑止する機能をもっており,下流都市域の防災にも効果を発揮しています。自然と人間との共生のため,森林が有する防災機能を有効活用する方法について研究しています。

静岡は富士山,南アルプスなどの世界に誇るすばらしい研究フィールドへ,簡単にアクセスできます。本研究室ではフィールドでの現地観測,地形測量,PCによるデータ解析などにより研究をすすめています。また海外の研究者との共同研究もしており,防災に関する研究成果の国際発信に努めています。


  • 研究室紹介

  • 大規模崩壊地・大谷崩(おおやくずれ、日本三大崩れの一つ)の全景
    大規模崩壊地・大谷崩(おおやくずれ、日本三大崩れの一つ)の全景

    大谷崩一の沢における土石流堆積物の調査風景
    大谷崩一の沢における土石流堆積物の調査風景

    ヒノキの樹木根系調査の様子(右に90°倒伏)
    ヒノキの樹木根系調査の様子(右に90°倒伏)