ニュース


2020年03月25日

  • 河岸洋和教授が2020年度日本農芸化学会賞を受賞しました。


2020年01月23日



2019年10月02日

  • 竹村太秀君が2019年10月2日、静岡大学創造科学技術大学院長賞を受賞しました。


2019年09月02日

  • 紙本葉月さんが2019年9月2日、シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2019年06月10日

  • 竹村太秀君が2019年6月7日、第18回新規素材探索研究会にて「奨励賞」を受賞しました。

2019年03月25日


2019年03月23日

  • 竹村太秀君が「学業成績優秀賞」を受賞しました。

2019年03月15日

  • 竹村太秀君が「学長表彰」を受賞しました。


2019年01月31日

  • 呉静さんが日本農芸化学会にて、農芸化学若手女性研究者賞を受賞することが決定しました。


2019年01月28日

  • 第19回生物化学研究室同窓会が、平成31年01月26日(土)に、静岡グランドホテル中島屋において開催されました。


2019年01月25日

河岸洋和教授の総説が学士院発行の「Proceedings of the Japan Academy, Ser. Bの表紙を飾りました。


2018年10月03日

河岸洋和教授と伊丹健一郎教授(名古屋大学)の共同研究論文が、「アメリカ化学会Chemical & Engineering News 」にて紹介されました。

2018年10月01日

  • 2018年9月27日、第60回天然有機化合物討論にて竹村太秀君が第59回討論会の奨励賞を受賞しました。



2018年09月18日

  • 崔宰熏助教が2018年9月14日、第22回日本きのこ学会にて日本きのこ学会奨励賞を受賞しました。

2018年09月10日

  • 2016年09月07日、竹村太秀君と大野遥さんがシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2018年04月28日

  • 2018年04月28日、崔宰熏助教が日本きのこ学会奨励賞を受賞することが決定しました。

2018年01月4日

  • 2017年12月27日、竹村太秀君が第59回天然有機化合物討論にて「討論会口頭発表の奨励賞」受賞することが決定しました。

2017年11月13日

  • 2017年11月9日、伊藤彰将君がグリーン科学技術研究所シンポジウムにて「学生奨励特別賞」を受賞しました。


2017年09月28日

  • 2017年09月27日、髙橋沙綾さんがシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2017年09月11日

  • 河岸洋和教授が2017年9月8日、第21回日本きのこ学会にて日本きのこ学会賞を受賞しました。

2017年09月11日

  • 森智夫助教が2017年9月8日、第21回日本きのこ学会にて日本きのこ学会奨励賞を受賞しました。

2017年09月11日

  • 伊藤彰将君が2017年9月8日、第21回日本きのこ学会にて学生優勝発表賞を受賞しました。


2017年07月03日

  • 河岸洋和教授が第16回グリーンサステイナブルケミストリー(GSC)賞 文部科学大臣賞を受賞しました。


2017年06月11日

  • 伊藤彰将君が2017年6月9日、第16回新規素材探索研究会で奨励賞を受賞しました。


2017年05月24日

  • 河岸洋和教授が「フェアリー化合物を用いた新規植物成長調節剤の創製」で第16回グリーンサステイナブルケミストリー(GSC)賞 文部科学大臣賞を受賞することが決定しました(2017年7月4日授賞式)。 「公益社団法人新化学技術推進協会


2017年04月25日

  • 河岸洋和教授が日本きのこ学会賞を受賞することが決定しました。
  • 森智夫助教が日本きのこ学会奨励賞を受賞することが決定しました。

2017年04月01日

  • 崔宰熏助教が2017年度日本農芸化学の農芸化学奨励賞を受賞しました。


2017年04月01日

  • 平井浩文教授が2016年度第57回日本木材学会賞を受賞しました。


2017年02月09日

  • 崔宰熏助教が「菌類が産生する機能性物質に関する研究 」で2017年度日本農芸化学の農芸化学奨励賞を受賞することが決定しました。

2017年02月04日

  • 平井浩文教授が「高活性リグニン分解菌によるリグニン分解とその応用に関する研究」で2016年度第57回日本木材学会賞を受賞することが決定しました。

2016年11月11日

  • 第18回生物化学研究室同窓会が、平成28年11月5日(土)に、静岡グランドホテル中島屋において開催されました。


2016年10月11日

  • 2016年10月06日、河岸洋和教授が日本農芸化学会フェローに選出されました。


2016年09月26日

  • 2016年09月23日、松﨑信生君と笠井稜子さんがシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2016年09月23日

  • 河岸洋和教授の研究が9月19日産経新聞にて紹介されました。 「産経新聞


2016年09月21日

  • 日本きのこ学会第20回大会が、平成28年9月7日(水)-9日(金)に、本研究室の主催で静岡市の静岡県男女共同参画センター「アザレア」において開催されました。


2016年05月02日

  • 呉静さんが「高等菌類の子実体形成物質の探索」で2016年4月6日、2016年度日本農芸化学会トピックス賞を受賞しました。


2016年04月06日

  • 河岸洋和教授が平成28年度日本農学賞及び読売農学賞を受賞しました(4月5日)。


2016年02月01日

  • 河岸洋和教授が平成28年度日本農学賞及び読売農学賞を受賞することが決定しました。日本農学賞は、農学上、顕著な業績を挙げたものに授与される賞で、日本の農学研究者間における最高の栄誉として、大正14年の創設以来今日まで続いています。 河岸教授は、キノコから100種以上の新規化合物を発見しています。授賞式は4月5日に東京大学山上会館にて行われる予定です。


2015年10月05日

  • 2015年09月18日、有本美沙さんがシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2015年09月25日

  • 2015年9月10日、第57回天然有機化合物討論にて小堀一君が第56回討論会の奨励賞を受賞しました。


2015年01月13日

  • 2014年12月04日、良知慎太郎君がシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会にて「奨励賞」を受賞しました。


2014年04月23日

  • ホームページを更新しました(平成26年度版)
  • 呉静さんが「高等菌類の子実体形成物質の探索」で2014年4月9日、2014年度日本農芸化学会トピックス賞を受賞しました。

  • 良知慎太郎君が第64回日本木材学会にて優秀ポスター賞を受賞するとともに、農学研究科長表彰を受賞しました


2014年02月19日



2014年01月10日

  • 河岸洋和教授の論文が雑誌Natureにて紹介されました。
    Nature 505 , 298 (16 January 2014) doi:10.1038/505298a
    Published online 15 January 2014

    論文題名:The source of "fairy rings": 2-azahypoxanthine and its metabolite found in a novel purine metabolic pathway in plants 
    (「フェアリーリング(妖精の輪)」形成物質,2?アザヒポキサンチンとその代謝産物を植物中の新しいプリン代謝経路中に発見)
    掲載雑誌 Angew. Chem., Int. Ed.
    紹介雑誌 Natureの「the News & Views


2013年12月11日

  • シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会において、的場隆太君、隅谷友紀君、小山元規君が優秀ポスター賞を受賞しました。


2013年07月09日

  • 平井浩文准教授が、第35回森喜作賞を受賞しました。


2013年06月10日

  • 呉静さんが「キノコホルモンの発見を目指す」で2013年6月7日、第12回新規素材探索研究会最優秀ポスター賞(最高賞)を受賞しました。


2013年05月20日

  • ホームページを更新しました(平成25年度版)


2013年01月08日

  • 呉 静さんが「超領域日中韓国際シンポジウム」にてポスター賞を受賞しました。


2012年12月07日

  • 呉 静さんがシーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会(静岡県食品技術研究会、静岡大学食品・生物産業創出拠点、静岡県工業技術研究所、静岡県食品産業協議会 主催)にて「最優秀ポスター賞」を受賞しました。


2012年11月07日

  • 本研究室の杉山尚弘君(共同研究者:尾形慎、渡邊浩史、柳瀬美千代、鷹羽武史、碓氷泰市)が、平成24年9月20日(木)に開催された第61回日本応用糖質科学会(東京大会)にてポスター賞を受賞しました(演題:シアリルLacNAc含有球形多糖超分子の合成とインフルエンザウイルスとの結合能評価)。
  • 尾形慎 特任助教が11/1付けで福島工業高等専門学校 物質工学科 助教に着任しました。新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。


2012年04月12日

  • ホームページを更新しました(平成24年度版)
  • 河岸教授 及び平井准教授 の研究が静岡新聞にて掲載されました。


2011年10月04日

  • 研究業績を更新しました。
  • 伏見圭司君が「フミヅキタケ (Agrocybe praecox) の産生する植物成長調節物質の探索」で2011年6月10日、第10回新規素材探索研究会 奨励賞を受賞しました。
  • 呉 静さんが「Functional-food constituents in Stropharia rugosoannulata」で、Convergence Technology of Bio and Nano ScienceにてBest Poster Awardを受賞しました。


2011年04月05日

  • ホームページを更新しました(平成23年度版)
  • 河岸洋和教授の研究が米国化学会発行の「Chemical and Engineering News (C&EN) magazine」の2011年3月28日号に「THE ANGEL’S WING MYSTERY」という題で紹介されました。
  • 本研究室の田見祐一君(共同研究者:森大地、杉山尚弘、尾形慎、朴龍洙、碓氷泰市)が平成23年3月24日(木)に開催されたInternational Workshop “New frontier in Nanobiotechnology for student vitalization”にてベストポスター賞を受賞しました(Title: Chemo-enzymatic Synthesis of Glycan Probe and Its Applications for Biosensor)。
  • 河岸洋和教授の研究が読売新聞にて紹介されました。
  • 本研究室の鈴木智大博士が第52回天然有機化合物討論会にて奨励賞を受賞しました(演題:スギヒラタケ食中毒事件の化学的解明)。
  • 本研究室の鈴木亜日里さん(共同研究者:尾形慎、碓氷泰市)が、平成23年1月28日(金)に開催された日本応用糖質科学会中部支部会にてプレゼンテーション賞を受賞しました(演題:キチンオリゴ糖構造変換によるニワトリ卵白リゾチーム遷移状態アナログの合成)。


2010年10月15日



2010年08月30日



2010年07月23日

  • 河岸洋和教授が「フェアリーリング(妖精の輪)現象」を引き起こす物質が、農作物の収穫量を増やす効果を持つことを突き止め、朝日新聞に掲載されました。
    朝日新聞の記事はこちら(PDF)


2010年05月19日



2010年04月03日

  • 平井浩文准教授が産学連携に貢献した研究者に贈られる第1回IJRC賞 を受賞し、4月2日の静岡新聞(朝刊)に掲載されました。


2010年02月07日