教員・研究案内

生物化学研究室

河岸洋和*・村田健臣・平井浩文・崔 宰熏・森 智夫
(* 創造科学技術大学院専任)

当研究室では、生物(担子菌・細菌・ウイルス等)の生命現象を有機化学的・生化学的・分子生物学的手法により分子レベルで解明し、「生命現象を司る化合物の発見」・「食の安全」・「機能性食品開発」・「新薬の開発」「地球環境問題解決」に大きく関連する研究を各教員が展開しています。

○ 河岸洋和・崔 宰熏
主にキノコを対象に、それに含まれる生体機能調節物質の生物有機化学的・生化学的研究を以下のように行っている。 1) 薬理活性を中心としたキノコ由来機能性物質の生物有機化学的研究 2) キノコ由来レクチンの生化学的研究 3) キノコが関わっている自然現象の化学的解明 4) キノコの生活環(胞子から菌糸、菌糸から子実体(キノコ)、子実体から胞子)を制御する物質の探索

○ 村田健臣
生体内には単糖が複数個つながった『糖鎖』が多数存在しています。この糖鎖は、免疫細胞の制御、ガンや感染の亢進、タンパク質の品質管理など様々な生命現象に関わっています。そこで私たちは、インフルエンザウイルスや腸内有害菌の感染阻害作用や免疫細胞の機能調節作用を持つ新しい糖鎖素材の開発を目的として、酵素・化学合成法を駆使した様々な糖鎖分子の構築とその生化学的機能に関する研究を行っています。

○ 平井浩文
白色腐朽菌は、木材の主要成分であり難分解性であるリグニンを高度に分解出来る唯一の微生物であり、リグニン分解にとどまらず、同菌による環境汚染物質の分解についても研究が展開されています。  当グループでは、自然界より分離した高活性・高選択性リグニン分解菌Phanerochaete sordida YK-624株によるリグニン分解機構及び環境汚染物質分解機構の生化学的及び分子生物学的解析を進めるとともに、リグニン分解能及び環境汚染物質分解能を強化した生物種(微生物・植物)の分子育種に関する研究も進めております。


写真1 生体機能調節物質を産生するヤマブシタケ


細胞表面は糖鎖でいっぱいです。この糖鎖が生命維持に役立っています。まだまだ未知の機能もあるはずです!
(図:マッキーの生化学より)


写真2 蛍光タンパク質遺伝子を導入した白色腐朽菌
右;遺伝子導入株、左;野生株
遺伝子導入株は、蛍光を発しており、本手法を用いることで、リグニン分解能や環境汚染物質分解能の向上させることが可能である。

トピックス