NEWS & TOPICS

酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会が、山本歩教授(理学部)、丑丸敬史教授(理学部)、木村洋子教授(農学部)の共同主催によって開催されました。(2019-09-10)

 9月4日(水)から9月6日(金)の期間、静岡市清水文化会館マリナートにおいて酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会が開催されました。
 酵母遺伝学フォーラムは、会員数が約550名の全国規模の酵母研究の学会であり、2006-2007年にはノーベル生理学・医学賞受賞者の大隅良典博士が会長を務めた歴史ある学会です。本報告会は、この学会の年会であり、第52回目に当たる今年度は本大学の教員3人が年会世話人に任命され、本会史上初めて静岡で開催されました。報告会では大隅良典博士を含む235名の会員が参加し、最新の研究成果が発表され、活発な議論が交わされました。
 なお、本報告会は、ビール企業4社(アサヒビール株式会社、キリン株式会社、サッポロビール株式会社、サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社)、静岡県酒造組合、静岡県誉富士普及推進協議会の協賛、および静岡大学の後援、静岡市からの助成を得て開催されました。

学会を主催した静大教員と運営に関わった学生たち