NEWS & TOPICS

【7月21日(土)開催】第21回死生学カフェのご案内(2018-07-02)

 7月21日(土)15:00〜18:00(受付14:30〜)、スノドカフェ七間町(北ワシントンホテルプラザ向かい)を会場に
第21回死生学カフェを開催いたします。

テーマ 「なぜ、どのように『死』と向き合うのか?」

開催日・・・2018年7月21日(土)
時 間・・・15:00〜18:00(受付14:30〜)
場 所・・・スノドカフェ七間町:静岡市葵区七間町7-8
参加費・・・学生500円/一般1,000円(フリードリンク、お菓子付)
申し込み・・・不要

 今回の死生学カフェでは、「わたしたち一人ひとりは、なぜ、どのように『死』と向き合うのか?」というテーマのもと、以下の3つの問いについて対話を試みます。

(1)あなたはどうして死生学カフェに参加するのですか。
 あなたは、なんのために死生学カフェに参加し、「死」と「生」について対話するのですか。立ちどまって、考えてみることにしましょう。

(2)「死」や「死ぬこと」について考えることには、どのような意味があるのでしょうか。
 「死」や「死ぬこと」について考えても、考えなくても、わたしたちはいずれ死ぬはずです。どうせ死ぬのに、なぜ「死」や「死ぬこと」について考え、対話するのでしょうか。それにはどんな意味があるのでしょうか。

(3)「死ぬ」とはどういうことか。
上の2つの問いを踏まえて、改めて考えてみましょう。「死ぬ」とはどういうことでしょうか。

 以上の問いは、前回(5月)の死生学カフェでの対話を通して、立ち上がったものです。前回の死生学カフェでは、終活ジャーナリストの金子稚子さんをゲストに迎え、「生きることliving」と「死ぬことdying」の区別について、対話を試みました。

 死生学カフェは生と死に関わる多様な課題について、様々な人たちとの出会いを大切にしながら、探求していく場です。身近な人、大切な人の死に直面した経験の有無に関わらず、「生きること」「死ぬこと」について考えて、語り合っています。
 いつものスノドカフェでお待ちしています。コーヒーカップを片手に、対話的な探究を楽しみましょう。

死生学カフェ | Facebook