NEWS & TOPICS

お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明〜香り成分の安定的な貯蔵の鍵を握る酵素遺伝子を発見〜(2015-06-05)

静岡大学学術院農学領域 大西利幸准教授とサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社 小埜栄一郎研究員はサントリー生命科学財団, 山口大学, 神戸大学との共同研究を通じ,チャノキ (チャ; Camellia sinensis) の香り成分を安定的に貯蔵する二糖配糖体「プリメベロシド」を作り出す二つの酵素遺伝子を世界で初めて発見し,茶の香り成分を細胞内に貯蔵するメカニズムを明らかにしました.本研究の成果により,香気を引き出す新たな技術開発や, 香りの異なるチャの育種や茶製品の開発に繋がると期待されます.

詳細はプレスリリース(PDFファイル)をご覧ください。

お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明