木質バイオマス利用学研究室

活動報告2016年【鈴木 滋彦】(2016-11-02)

活動報告2016年【鈴木 滋彦】

*研究成果
【原著論文】(月日の古い順で記載)
ISA, Akiko; TOYODA, Takahiro; SUZUKI, Shigehiko; KOJIMA, Yoichi; ITO, Hirokazu; MAKISE, Rie; OKAMOTO, Masaki: The effects of wet-milled wood flour on the mechanical properties of wood flour/polypropylene composites, Journal of Wood Chemistry and Technology, 34(1), p20-30 (2014). DOI: 10.1080/02773813.2013.817431
Ihak SUMARDI; Shigehiko SUZUKI: Dimensional stability and mechanical properties of strandboard made from bamboo, BioResources, 9(1), 1159-1167 (2014) IF: 1.691 DOI: 10.15376/biores.9.1.1159-1167
Yoichi Kojima, Akiko Isa, Hikaru Kobori, Shigehiko Suzuki, Hirokazu Ito, Rie Makise, Masaki Okamoto: Evaluation of binding effects in wood flour board containing ligno-cellulose nanofibers, Materials, 7(9), 6853-6864 (2014). DOI: 10.3390/ma7096853
Muhammad Navis Rofii, Noriko Yamamoto, Sachio Ueda, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki:The temperature behavior inside the mat of wood-based panels during hot-pressing under various manufacturing conditions, Journal of Wood Science, 60: 414-420 (2014). DOI:10.1007/s10086-014-1418-y

【学会講演発表】
Muhammad Navis Rofii, Shuto Kubota, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Temperature and vapor pressure behavior of wood-based panels during hot-pressing with different furnish and mat density, 第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.47、2014年3月
伊藤弘和、樋口逸郎、牧瀬理恵、岡本真樹、伊佐亜希子、小島陽一、鈴木滋彦:高充填ウッドプラスチックのマスターバッチ利用、第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.49、2014年3月
*(国内) 加藤大佑、伊佐亜希子、鈴木滋彦、小島陽一、伊藤弘和、牧瀬理恵、岡本真樹:混練型WPCの物性に及ぼすマスターバッチ樹脂と希釈樹脂との関係、第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.50、2014年3月
*(国内) 岡田太陽、小島陽一、鈴木滋彦、西城戸邦治、広瀬輝、高橋一聡:APIを使用した構造用集成材の促進劣化処理試験による耐久性能評価、第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.52、2014年3月
伊佐亜希子、佐野佳苗、鈴木滋彦、小島陽一、伊藤弘和、牧瀬理恵、岡本真樹:混練型WPCの機械的特性に及ぼす木粉サイズの影響、第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.164、2014年3月
*(国内) 地下久美子、小島陽一、鈴木滋彦、宮本康太、渋沢龍也、塔村真一郎:木材の繊維方向が接着性能に及ぼす影響、第64回日本木材学会大会研究発表要旨集、p.168、2014年3月
Muhammad Navis Rofii, Shuto Kubota, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Effect of temperature behavior inside the mat during hot pressing on properties of wood-based panels. The 12th Pacific Rim Bio-Based Composites Symposium (BIOCOMP2014), 4-7 June, Beijing, China, 2014
Muhammad Navis Rofii, Hikaru Kobori, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Effect of furnish type on properties of wood-based panels and core temperature behavior during hot pressing, The 3rd UGSAS-GU Roundtable & Symposium 2014, 4-6 August, Gifu, Japan, 2014
*(国際) Taiyo Okada, Hikaru Kobori, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Effect of three kind of accelerated aging treatments on adhesion durability performance of API bonded glulam, The 3rd UGSAS-GU Roundtable & Symposium 2014, 4-6 August, Gifu, Japan, 2014
*(国内) 加藤大佑、小堀光、小島陽一、鈴木滋彦、伊藤弘和、樋口逸郎、牧瀬理恵、岡本真樹:混練型WPCの性能に及ぼすPP/PEブレンドの影響、International Workshop on basis and Application of Woody Materials &Natural Fiber Composites、p.115-123、2014年9月
*(国内) 榊原慧、小堀光、小島陽一、鈴木滋彦、柳瀬敬二、小池豊:木質パネルの耐久性の及ぼす吸湿繰り返しおよび乾燥温度の影響、2014年度日本木材学会中部支部大会講演要旨集、p.20-21、2014年10月
*(国内) 久保田集土、Muhammad Navis Rofii、小堀光、小島陽一、鈴木滋彦:熱圧過程における木質マット内部の温度および蒸気圧挙動に及ぼす製造因子の影響、2014年度日本木材学会中部支部大会講演要旨集、p.22-23、2014年10月
Shigehiko SUZUKI: (Invited presentation) Evolution of element in wood-based products from lamina to nano, Proceeding of the 6th International Symposium of Indonesian Wood Research Society, 7-10, “The Utilization of Biomass from Forest and Plantation for Environment Conservation Efforts”, Medan, Indonesia, November 12-13, (2014).
Hikaru KOBORI, Kouichi KATA, Satoru TSUCHIKAWA, Yoichi KOJIMA, Shigehiko SUZUKI: Hyperspectral imaging for the knot detection of solid wood surface, Proceeding of the 6th International Symposium of Indonesian Wood Research Society, p15, Medan, Indonesia, November 12-13, (2014).
Muhammad Navis Rofii, Shuto Kubota, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Hot pressing behavior and properties of wood-based panels from different furnish and various densities, Proceeding of the 6th International Symposium of Indonesian Wood Research Society, p33, Medan, Indonesia, November 12-13, (2014).
*(国際) Taiyo OKADA, Hikaru KOBORI, Yoichi KOJMA, Shigehiko SUZUKI, Kuniharu NISHIKIDO, Akira HIROSE, Kazuaki TAKAHASHI: Evaluating the adhesion durability of API bonded glulam after the accelerated aging treatments, Proceeding of the 6th International Symposium of Indonesian Wood Research Society, p82, Medan, Indonesia, November 12-13, (2014).
Yoichi KOJIMA, Hikaru KOBORI, Shigehiko SUZUKI, Hirokazu ITO, Rie MAKISE, Masaki OKAMOTO: Evaluation of binding effects in wood flour board containing ligno-cellulose nanofibers, Proceeding of the 6th International Symposium of Indonesian Wood Research Society, p146, Medan, Indonesia, November 12-13, (2014).
*(国際) Daisuke Kato, Hikaru Kobori, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki, Hirokazu Ito, Itsuro Higuchi, Rie Makise, Masaki Okamoto: The effect of polymer for the master-batch on mechanical properties of wood flour/polypropylene composite, Inter-Academia Asia 2014 The 1st Conference, p.18, Shizuoka, Japan, December 1-3, (2014)
鈴木滋彦:木質材料としてのWPCと「山側」での活用可能性、WPC as a wood-based material and a tool for utilizing forest residues、(社)日本木材加工技術協会木材・プラスチック複合材部会第17回定期講演会、講演要旨集、p15-21、2014年11月
*(国際) Daisuke Kato, Hikaru Kobori, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki, Hirokazu Ito, Itsuro Higuchi, Rie Makise, Masaki Okamoto: The effect of polymer for the master-batch on mechanical properties of wood flour/polypropylene composite, Inter-Academia Asia 2014 The 1st Conference, p.18, Shizuoka, Japan, December 1-3, (2014)

【学術賞等受賞】
Excellent Poster Award, The 12th Pacific Rim Bio-based Composites Symposium (Biocomp 2014), June, 2014, The Beijing Friendship Hotel, Beijing, PR. China, Poster presentation, Effect of temperature behavior inside the mat during hot-pressing on properties of wood-based panels, Muhammad Navis Rofii, Shuto Kubota, Yoichi Kojima and Shigehiko Suzuki(平成26年6月)
平成26年8月6日、Best Poster Award, Taiyo Okada, Hikaru Kobori, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki: Effect of three kind of accelerated aging treatments on adhesion durability performance of API bonded glulam, The 3rd UGSAS-GU Roundtable & Symposium 2014, 4-6 August, Gifu, Japan, 2014

*研究資金の獲得状況
【科学研究費補助金】
「カルシウムシリケート処理を施したセルロースナノファイバー複合材料の開発と性能評価」、5,070千円、平成25年度〜平成27年度、科学研究費助成事業基盤研究(C)、分担
「表面にナノスケールフィブリルを有したWPC用木質フィラーの機能開発」、6,500千円、平成26年度〜平成28年度、科学研究費助成事業基盤研究(B)、代表

【共同研究】
奨学寄附金:木質ボードの性能評価に関する研究、代表、平成25年〜
受託研究:未利用バイオマス由来ナノファイバー(CNF)とFRP廃材を利用した複合材及びスモールバッチ生産システムの開発、代表、平成26年

*学生教育
【指導学生数】
学部3名・修士3名・博士 主1名

【担当授業科目】(通年、前期、後期の別を記載ください)
学部:木質材料学(前期)環境木質材料学実験(前期)
大学院:改良木材学演習(前期)

*社会連携・国際連携
【学外各種委員】
日本学術会議連携会員
日本学術会議中部地区会議運営協議会委員
日本木材学会代議員
日本木材学会国際委員会委員長
日本木材学会理事
日本木材加工技術協会理事
日本木材加工技術協会中部支部長
日本材料学会編集委員会査読委員
日本国際賞(ジャパンプライズ)推薦人
ISO/TC89(木質パネル)国内審議委員会・分科会委員
岐阜大学応用生物科学部テニュア・トラック教員中間評価委員
東京農工大学農学研究科研究活動状況に係る外部評価委員
森林総合研究所重点課題評価会議外部評価委員
静岡県、ふじのくに未来のエネルギー推進会議委員
静岡県食と農が支える豊かな暮らしづくり審議会会長
静岡県リサイクル製品認定審査委員会副委員長
特定非営利活動法人静岡県バイオマス利活用ネットワーク副理事長
特定非営利活動法人静岡県新エネルギー推進機構理事
浜松市バイオマス利活用推進協議会副委員長
静岡市環境審議会副会長
牧之原市バイオマス利活用推進協議会副委員長
中部電力株式会社、電力技術研究会環境専門部会専門委員
Technical Committee member, Pacific Rim Bio-Based Composites Symposium
Committee member of the Scientific Committee, the International Seminar on Tropical Bio-resources for Sustainable Bio-Industry 2013, Bandung, Indonesia

【報道等】
理系留学生地方大に来れ. 日経新聞朝刊27面. 平成26年4月1日
静大、留学生寮2棟新設 「地方大として競争力を高めるために留学生を1000人規模まで増やしたい」とコメント. 日経新聞朝刊35面. 平成26年11月7日
アジア人材育成プログラム 静岡大、来年10月開設. 静岡新聞朝刊25面. 平成26年7月12日
アジア人材育成プログラム 静岡大、来年10月開設. 中日新聞朝刊16面. 平成26年7月12日

【学内各種委員】
静岡大学副学長(国際戦略担当)
経営協議会委員
教育研究評議会評議員
企画戦略会議委員
国際交流センター長
国際交流センター管理委員会委員