住環境構造学分野研究室

活動報告2011年前期【小林 研治】(2013-02-07)

活動報告2011年前期【小林 研治】

*研究成果
【学会講演発表】
小松弘昭、安村基、岡部実、小林研治、松尾和午、藤嶋真季:地域材を使用した木質トラス工法の技術整備 その1 スギ材のメタルプレートコネクター接合部試験、日本建築学会学術講演梗概集. C-1(構造III)、pp. 265-266、東京、2011年8月
小林研治、安村基、藤嶋真季、小松弘昭、岡田圭一郎、松本英樹:地域材を使用した木質トラス工法の技術整備 その2 実大屋根トラスの静的加力試験、日本建築学会学術講演梗概集. C-1(構造III)、pp. 267-268、東京、2011年8月
岡部実、安村基、小林研治:CLT−木ねじ接合部の降伏理論適用のための支圧強度試験、日本建築学会学術講演梗概集. C-1(構造III)、pp. 295-296、東京、2011年8月

*研究資金の獲得状況
【科学研究費補助金】
基盤研究(C)、ストカスティックモデルを用いた木質構造の地震被害予測に関する研究、分担、23年度

【受託研究等】
(寄付金)枠組壁工法基礎構造計算ソフト開発、建築環境ワークス協同組合、23年度

*学生教育
【指導学生数】
学部学生:5名、うち主指導2名
修士課程学生:4名、うち主指導1名
博士課程学生:補助教員として2名

【担当授業科目】
学部:新入生セミナー(前期)、環境木質機能学実験(前期)
大学院:木質住環境工学演習(前期)

*社会連携・国際連携
【学外各種委員】
木造長期優良住宅の総合的検証委員会 材料・構造分科会、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2012年3月まで
木造建築物の基準の整備に資する検討委員会、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2012年3月まで
木ねじ標準化検討TG、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2012年3月まで
CLT振動台実験検討TG、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2012年2月まで
CLTパネルを用いた中高層建築物の接合部試験検討委員会、木構造振興、2012年3月まで
構造用木質材料の変形と破壊に関する小委員会、日本建築学会、2014年3月まで
木質構造性能規準検討小委員会、日本建築学会、2014年3月まで
木質構造設計規準補足資料作成WG、日本建築学会、2012年3月まで