住環境構造学分野研究室

活動報告2010年【小林 研治】(2011-07-01)

*研究成果
【著書】
日本建築学会編(共著):木質構造基礎理論、丸善、340頁、2010年12月

【学会講演発表】
Kenji Kobayashi, Masahiro Inayama, Naoto Ando: Estimation method on stiffness and strength of single shearing screw joints with steel side plates, 11th World Conference on Timber Engineering, Trentino, Italy, 2010.06
小林研治、落合陽、稲山正弘、河合直人、槌本敬大:木造3階建て軸組構法住宅の設計法と震動台実験 その7 試験体3の実験結果と全体挙動、日本建築学会学術講演梗概集. C-1(構造III)、pp. 241-242、富山、2010年9月
落合陽、稲山正弘、小林研治、河合直人、槌本敬大:木造3階建て軸組構法住宅の設計法と震動台実験 その8 試験体3の水平構面の挙動解析、日本建築学会学術講演梗概集. C-1(構造III)、pp. 243-244、富山、2010年9月
小林研治、稲山正弘、五十田博、河合直人、槌本敬大、落合陽:水平構面の剛性および耐力壁配置が異なる木造3階建て軸組構法住宅の震動台実験による変形挙動、第13回日本地震工学シンポジウム論文集、GO35-Thu-PM-3、つくば、2010年11月
槌本敬大、羽田竜介、西沼裕介、小林研治、五十田博、藤田香織、河合直人:木造3階建て軸組構法住宅の許容応力度計算手法の震動台実験による検証、第13回日本地震工学シンポジウム論文集、GO35-Thu-PM-5、つくば、2010年11月
長瀬亘、小林研治、安村基、槌本敬大:木ねじを用いた合板張り耐力壁の水平せん断試験における加力履歴の影響、第61回日本木材学会大会(京都)研究発表要旨集、H18-04-1030、2011年3月
小林研治、光林純、安村基、槌本敬大:摩擦条件の異なる合板張り木ねじ接合部の一面せん断性能、第61回日本木材学会大会(京都)研究発表要旨集、H18-04-1500、2011年3月

*研究資金の獲得状況
【科学研究費補助金】
基盤研究(C)、ストカスティックモデルを用いた木質構造の地震被害予測に関する研究、分担、22年度

*学生教育
【指導学生数】
学部学生:4
修士課程学生:4

【担当授業科目】
学部:環境木質機能学実験(前期)、木質機能科学(後期)
大学院:木質構造学演習(前期)、環境森林科学特別演習I(通年)

*社会連携・国際連携
【学外各種委員】
木造長期優良住宅の総合的検証委員会 材料・構造分科会、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2011年3月まで
木造3階建て住宅震動台実験フォローアップTG、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2011年3月まで
木造建築物の基準の整備に資する検討委員会、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2011年3月まで
CLT振動台実験検討TG、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2012年2月まで
木ねじ標準化検討TG、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会、2011年3月まで
構造用木質材料の変形と破壊に関する小委員会、日本建築学会、2014年3月まで
木質構造性能規準検討小委員会、日本建築学会、2014年3月まで
木質構造設計規準補足資料作成WG、日本建築学会、2012年3月まで
木造教育プログラム委員会、日本木材学会、2011年3月末まで

*大学・学部運営
【学内各種委員】
学部長候補者選挙管理委員会