学部案内

沿革

静岡大学農学部は専門学校令により、昭和22年4月静岡県磐田市に、学生定員農科40名及び林科30名をもつ静岡県立農林専門学校として発足し、同25年に学校教育制度の改革により県立農科大学に昇格し、翌26年に国立に移管されて静岡大学農学部となった。

昭和28年に農芸化学科が、同41年に林産学科が、さらに引き続いて翌42年に園芸学科が増設され、農学科・園芸学科・林学科・林産学科及び農芸化学科の5学科から成る学生定員150名の農学部に発展した。

昭和45年に大学院農学研究科修士課程農学専攻・林産学専攻及び農芸化学専攻が設置され、続いて翌46年に園芸学専攻及び林学専攻が増設された。昭和48年4月学部の将来の発展を考え、現在地の静岡市大谷に移転した。そして平成元年4月に従来の5学科・25講座を改め、3学科(生物生産科学科・森林資源科学科・応用生物化学科)・9大講座に改組された。

平成3年に中部地区の静岡大学、信州大学及び岐阜大学が連携協力して、大学院連合農学研究科博士課程(基幹大学:岐阜大学)が設置された。

平成8年4月に人間環境科学科が増設され、4学科(人間環境科学科・生物生産科学科・森林資源科学科・応用生物化学科)・8大講座に改組された。

平成12年4月に人間環境科学専攻が増設され、4専攻に改組された。

平成14年4月に、農場、演習林、乾燥地農業実験実習施設及び魚類餌料実験実習施設の4つの附属施設が統合され、地域フィールド科学教育研究センターが設置された。

平成18年4月には、3学科(共生バイオサイエンス学科、環境森林科学科、応用生物化学科)・5大講座に改組された。

平成18年度には、静岡大学に創造科学技術大学院(博士課程)が創設された。

平成20年4月に、3専攻(共生バイオサイエンス専攻、環境森林科学専攻、応用生物化学専攻)に改組された。

平成27年4月に、情報学、理学、工学、農学研究科の4つの研究科が統合され、総合科学技術研究科が設置された。

平成28年4月に、2学科(生物資源科学科、応用生命科学科)に改組された。