学部案内

学生表彰制度

過去の表彰


対馬学フォーラム2018において最優秀賞を受賞

農学専攻共生バイオサイエンスコース2年の桜庭俊太さんが、対馬学フォーラム2018において、「「あん子はどこの子ね?」あいさつができる関係性からはじまる地域と自然の再生-夏休み子ども寺子屋in佐須奈での実践をとおして-」をポスター発表し、研究成果の実践性が高く評価され、最優秀賞を受賞されました。この栄誉を称え本学部の学生表彰規程に基づき、平成31年2月26日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した桜庭さん

2名の学生が最優秀ポスター賞と発表賞を受賞

農学専攻共生バイオサイエンスコース2年の桜庭俊太さんが、「野生生物と社会」学会第24回大会において発表した「森里川海とのつきあい方の学習プロセスの再構築による自然資源利用の持続性の実現」が最優秀ポスター賞を受賞されました。
同じく応用生物化学コース2年の石田陽亮さんが、日本食物繊維学会第23回学術集会において発表した「大腸水素による酸化ストレス軽減はビタミンE再生に依存する」が発表賞を受賞されました。

この栄誉を称え本学部の学生表彰規程に基づき、平成31年2月5日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した石田さんと桜庭さん

2名の学生が優秀発表賞と若手優秀発表賞を受賞

農学専攻環境森林科学コース2年の伊藤拓哉さんが、2018年度日本木材学会中部支部大会において、「熱可塑性樹脂およびエラストマー系接着剤を用いたパーティクルボードの振動特性」を発表し、研究の新規性と成果が高く評価され、優秀発表賞を受賞されました。
 同じく環境森林科学コース2年の横田優至さんが、平成30年度砂防学会研究発表会において「荒廃渓流源頭部における土石流段波の流動形態」についてポスター発表を行い、その新規性と成果の重要性が高く評価され、若手優秀発表賞を受賞されました。

 この栄誉を称え本学部の学生表彰規程に基づき、平成30年12月13 日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した伊藤さんと横田さん

The 6th Asian NIR SymposiumにおいてBEST POSTER AWARDを受賞

農学専攻環境森林科学コース1年の山崎裕也さんが、The 6th Asian NIR Symposiumにおいて、「Evaluation of the Inverse Problem Analysis for Development of Unidirectional Diffuse Optical Tomography」をポスター発表し、近赤外光を用いた新しい画像再構成法の開発を目標とした、将来、様々な製品の内部品質評価に応用が可能な研究であることが高く評価され、BEST POSTER AWARDを受賞されました。この栄誉を称え本専攻の学生表彰規程に基づき、平成30年7月24日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した山崎さん

2年次終了時点での「成績評価に基づく表彰」

平成30年6月4日、2年次終了時点での「成績評価に基づく表彰」として、生物資源科学科3年生 荒木智遥さんが学部長表彰を受けました。

なお、応用生命科学科の成績優秀者 浅野真希さんは現在留学中のため、帰国後に改めて表彰する予定です。


受賞した荒木智遥さん

日本応用動物昆虫学会大会においてポスター賞を受賞

農学専攻共生バイオサイエンスコース1年の萩原優花さんと福谷愉海さんが、第62回日本応用動物昆虫学会大会において、それぞれ「ワサビクダアザミウマの静岡県下での発生状況及び発育速度」(萩原さん)、「草食性コガネムシにおける近縁種間のギルド内捕食:アオドウガネが増え、在来コガネムシが減った理由にせまる」(福谷さん)を発表し、研究内容の新規性と重要性が高く評価され、ポスター賞を受賞されました。この栄誉を称え本専攻の学生表彰規程に基づき、平成30年4月20日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した萩原さん、福谷さん