学部案内

学生表彰制度

農学部では、「学生の学習意欲の向上」を目標に掲げています。その方策として、学内では初の試みとなる、成績評価やプレゼンテーション能力評価などの観点から学生を表彰する表彰制度を平成14年度より設けました。平成14年度より新しく開講した1年次のフィールド科学演習では、学生グループによる自主研究をすすめていますが、最も優れた研究を行ったグループに対して、「フィールド科学賞(学部長賞)」が贈られます。また、研究発表会のプレゼンテーションを学生が相互に評価し、優れた発表を行ったグループに対して「プレゼンテーション賞」が贈られます。さらに、フィールド科学概論の趣旨に適って行われた野外調査研究に対して「フィールドセンター長特別賞」が贈られます。「フィールド科学賞」及び「プレゼンテーション賞」、「フィールドセンター長特別賞」の授賞式及び受賞講演会は、次年度にこれから自主研究に取り組む新1年生の後輩の前で行われ、高い目標と大きな刺激を与えています。「成績評価に基づく表彰」は、二年次終了時点と四年次卒業時での成績優秀者、それぞれ各学科1名を対象に表彰します。また、大学院生の学会でのポスター賞(発表者)や論文賞受賞(第一位著者)、特筆すべきボランティアグループなどを積極的に表彰しています。


The 6th Asian NIR SymposiumにおいてBEST POSTER AWARDを受賞

農学専攻環境森林科学コース1年の山崎裕也さんが、The 6th Asian NIR Symposiumにおいて、「Evaluation of the Inverse Problem Analysis for Development of Unidirectional Diffuse Optical Tomography」をポスター発表し、近赤外光を用いた新しい画像再構成法の開発を目標とした、将来、様々な製品の内部品質評価に応用が可能な研究であることが高く評価され、BEST POSTER AWARDを受賞されました。この栄誉を称え本専攻の学生表彰規程に基づき、平成30年7月24日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した山崎さん

2年次終了時点での「成績評価に基づく表彰」

平成30年6月4日、2年次終了時点での「成績評価に基づく表彰」として、生物資源科学科3年生 荒木智遥さんが学部長表彰を受けました。

なお、応用生命科学科の成績優秀者 浅野真希さんは現在留学中のため、帰国後に改めて表彰する予定です。


受賞した荒木智遥さん

日本応用動物昆虫学会大会においてポスター賞を受賞

農学専攻共生バイオサイエンスコース1年の萩原優花さんと福谷愉海さんが、第62回日本応用動物昆虫学会大会において、それぞれ「ワサビクダアザミウマの静岡県下での発生状況及び発育速度」(萩原さん)、「草食性コガネムシにおける近縁種間のギルド内捕食:アオドウガネが増え、在来コガネムシが減った理由にせまる」(福谷さん)を発表し、研究内容の新規性と重要性が高く評価され、ポスター賞を受賞されました。この栄誉を称え本専攻の学生表彰規程に基づき、平成30年4月20日に河合学部長から表彰状が授与されました。


受賞した萩原さん、福谷さん


過去の表彰