学科・附属施設案内

地域フィールド科学教育研究センター

森林生態系部門

森林生態系部門は、2つの地方フィールドを母体に構成されています。天竜フィールド(上阿多古)では里山域や都市近郊域における森林の景観生態や管理に関する教育研究を行い、南アルプスフィールド(中川根)では山岳森林域における森林環境の保全・復元に関する教育研究を行なっています。この他、林野庁静岡森林管理署との学術協定の下、富士山国有林全域を教育・研究・技術開発等に利用できるサイトの富士フィールドがあります。
これらのフィールドは優れた自然教育素材に富み、本学学生への教育研究のみならず、国内外の幅広い大学の学生に教育・研究の場を提供します。

天竜フィールド(上阿多古)
施設紹介 学習プログラム
南アルプスフィールド(中川根)
施設紹介 学習プログラム
研究課題
  • 太平洋型ブナ林における樹種多様性と林分光合成量・蒸散量の関係解明(飯尾)
  • 森林施業が生態系機能に与える影響の評価(飯尾)
  • 孤立天然林の保全技術と周辺人工林の生態機能修復技術の開発(水永)
  • 森林気象撹乱の生態的リスクマネージメント(水永)
  • 崩壊地の植生回復に関する研究(逢坂)
  • 樹木根系による斜面崩壊抑制効果に関する研究(逢坂)
  • 照葉樹林および落葉広葉樹林における樹種特性に関する研究(楢本)
教員
氏名   専門分野 所属研究室
飯尾 淳弘 准教授 森林生理生態学 森林生理生態学研究室
高津 邦夫 特任助教 動物生態学 森林生理生態学研究室
水永 博己(併任) 教授 育林学 造林学研究室
逢坂 興宏(併任) 准教授 砂防工学 森林防災工学研究室
楢本 正明(併任) 准教授 造林学 造林学研究室
今泉 文寿(併任) 准教授 砂防工学 森林防災工学研究室
共同利用のご案内