研究内容プロジェクト論文リスト・実績紹介MembersActivities Report

2016.2.22 国際シンポジウム

2月22日に静岡大学(キャンパス内)で国際シンポジウムが開かれました。様々な国から研究者が集い、各々の研究成果を発表しました。

このような発表の場は知識を身につけるだけではなく、ほぼ同年代の人たちがこのように研究を頑張っているのだと感じ、若手研究者にとって良い刺激を受ける場でもあります。

今回国際シンポジウムに私たちの研究室から発表者として出席したのは、Oluwasesanさん,Rahinさん、市川さん、宮崎先生の4人でした。

   

↑左から順に 宮崎先生    Oluwasesanさん             市川さん         Rahinさん

    

今回のプレゼンのタイトルを以下に記します。

宮崎先生: Structure and substrate specificity of a function-unknown glycoside hydrolase from Escherichia coli

Oluwasesan: Alloyed quantum dots as fluorescence reporter in a molecular beacon assay for biosensor application

市川: Improved Recombinant Protein Expression in Silkworm Larvae by Chitosan/BmNPV Bacmid Nanocomplexes

Rahin: Facile In Situ Self-Assembly of Gold Nanoparticles on Hydrophilic and Hydrophobic Substrates and Its Veratile Applications

発表が終わった後に懇親会が開かれました。いろいろな国のから来ている人たちと話し合うことができ、楽しく語らいあいました。

また、今回の国際シンポジウムのベストプレゼンター賞の授与式も行われました。当研究室からは市川さんが受賞しました。おめでとうございます。

     

  

 

次回の国際シンポジウムも、当研究室から多くの人が発表者として出席できることを強く願っております!

今回のシンポジウム開催にご協力いただいたすべての方たちに感謝の意を表します。

有難うございました。

SAMPLE
グリーン科学技術研究所グリーンケミストリー研究部門 生物工学研究室