研究内容プロジェクト論文リスト・実績紹介MembersActivities Report

ヒト由来高次タンパク質生産バイオテクノロジー

概要

ポストゲノム時代に入り、研究の方向が遺伝子からタンパク質に移りつつある。ヒトゲノムの判読により多くの遺伝子は分かってきたが、機能面に置いては依然不透明な部分が多い。そこで、本研究ではヒト由来の遺伝子タンパク質を生産する生産系として昆虫細胞を用いる。特にバキュロウイルスのシャトルベクターであるバクミドを開発し、外来遺伝子導入および効率的発現が研究の中心となる。具体的な研究課題としては、次のとおりである。

研究課題

※画像をクリックで拡大

① カイコ個体を高次タンパク質生産工場とする昆虫バイオテクノロジー

    カイコ個体を高次タンパク質生産工場とする昆虫バイオテクノロジー    

② BmNPVバクミドを用いたヒトプロレニン受容体の発現

    BmNPVバクミドを用いたヒトプロレニン受容体の発現   

③ 昆虫細胞を用いた糖タンパク質生産における分子生物学的研究
   ・・・シャペロン遺伝子の応用
   ・・・糖タンパク質の分子改変による活性の向上

   昆虫細胞を用いた糖タンパク質生産における分子生物学的研究   

④ 抗DNA―binding proteinを用いた迅速なバキュロウイルスタイター測定法の開発

   抗DNA―binding proteinを用いた迅速なバキュロウイルスタイター測定法の開発   

⑤ 昆虫細胞における外来遺伝子発現   
   ・・・共焦点レーザ顕微鏡を用いた外来遺伝子タンパク質の可視化、   
   ・・・GFP遺伝子発現における昆虫細胞周期の影響

   昆虫細胞における外来遺伝子発現     

 

 

SAMPLE
グリーン科学技術研究所グリーンケミストリー研究部門 生物工学研究室