研究内容プロジェクト論文リスト・実績紹介MembersActivities Report

2016.2.5 新規プロジェクト

新規プロジェクトが新たに始まります。

和) 公益財団法人 平和中島財団、「分子認識ナノプローブによる4種の異なる血清型デングウイルスの迅速検出法の開発」(代表:朴 龍洙)、平成28年4月~平成29年3月

※デングウイルスとは

デングウイルスはデング熱の原因となるウイルスで、蚊を媒体として東南アジアや亜熱帯を中心として広まっている。デングウイルスは1型から4型まで4種類の異なる型を持っておりそれぞれが異なるエピトープを持つため現状においてはワクチンの開発は難しいとされている。

その理由はデングウイルスは1度4つの型の内の1つにでも感染してしまうとその型に対する抗体が作られてしまい2度目の感染の際に別の型を持つデングウイルスに感染すると1度目の感染で作られた抗体がウイルスに対して効かずに逆に感染を増強してしまうという(Antibody Dependent enhancement:ADE)。 そのためワクチンを作る際には4つの型すべてに対して平等に効果を持つようなワクチンを作らなければならないからである。

SAMPLE
グリーン科学技術研究所グリーンケミストリー研究部門 生物工学研究室