Reserch ProjectPublicationsトMembersActivities Report

Review Papers・Books

Review Papers

1 深谷 正裕、川村 吉也、戸田 清、朴 龍洙,“新しい酢酸バイオリアクターー膜ろ過型リアクター”, 日本醸造協会誌, 83巻9号, 574-578 (1988).
2 戸田 清、朴 龍洙,“中空糸繊維膜ろ過器を付したバイオリアクターによる酢酸発酵”, ケミカルエンジニアリング, 33巻12号, 40-43 (1988).
3  戸田 清、朴 龍洙,“バイオリアクター”, 化学工学, 52巻3号, 198-210 (1988).
4  Yongsoo Park, Bioreactors for cultivation of recombinant microorganisms, Sang Mul Hoa Gong (in Korean), 5(2), 18-24 (1991).
5 Yongsoo Park, H. Kurokawa, I. Shinji, T. Kobayashi, Efficient cultivation of animal cell using on-line HPLC measurement system, Sang Mul Hoa Gong (in Korean), 6(4), 17 21 (1992).
6 Masai Fukaya, Yongsoo Park, and Kiyoshi Toda, Improvement of acetic acid fermentation by molecular breeding and process development, Journal of Applied Bacteriology, 73, 447-454 (1992).
7  小林 猛、朴 龍洙,“生物化学工学の将来展望”, ケミカルエンジニアリング, 37巻1号, 55-68(1992).
8  Yongsoo Park, Education and research in the field of biotechnology in Japan, Sang Mul Hoa Gong (in Korean), 7(3), 28-35 (1993).
9  岡部 満康、朴 龍洙, ”ビールの連続醸造”, バイオサイエンスとインダストリー, 52(5), 386-388(1994).
10 Yongsoo Park, Efficient production of gene product in fed-batch culture of recombinant microorganism with carbon source control, Biotechnology News, 2(2), 141-159 (1995).
11  朴 龍洙, “微生物機能の効率的発現に関する培養工学的研究?Strategies of the enhancement of biological and metabolic activity in microorganisms”, 生物工学会誌, 74巻3号, 171-183 (1996).
12  Y. Kosakai, Yongsoo Park, and M. Okabe, "Cotton-like mycelial floc formation using using mineral support and polyethylene oxide", Horizon of Biochemical Engineering, 98-102 (1997).
13  Yongsoo Park, Application of image analysis for efficient cultivation of microorganisms’, Recent Res. Devel. in Biotech. & Bioeng., 1 (37-58), (1998).
14  朴 龍洙, “糸状菌の培養における画像解析”, 生物工学会誌、77巻4号、168 (1999).
15  朴 龍洙, “糸状菌ペレットの内部構造(Intrastructure of mycelial pellets)”, バイオサイエンスとインダストリー (Bioscience & Industry), 59巻12号、23-26 (2001).
16  朴 龍洙, “糸状菌ペレットの内部構造の可視化”、バイオサイエンスとインダストリー(Bioscience & Industry), 59巻12号、9-10 (2001).
17  朴 龍洙, “培養環境による糸状菌の菌糸形態の変化および画像解析による菌糸形態の解析”、日本農芸化学会誌、76巻10号、947-950(2002).
18  K. Higashiyama, S. Fujikawa, Enoch Y. Park, S. Shimizu, Production of arachidonic acid by Mortierella alpina fungi, Biotechnol. Bioprocess Eng., 7: 252-262(2002).
19  小島盛次、朴 龍洙,“廃白土に残留する油分のバイオディーゼル燃料への変換”、エネルギー・化学・プラントの総合誌 52巻 13号、17-19(2004).
20  小島盛次、朴 龍洙,“活性白土に残留する植物油のバイオディーゼル燃料への変換”、粘土科学、第44巻 3号、138-142(2005).
21  朴 龍洙,“油脂系廃棄物からのリボフラビン生産”、環境技術、第34巻号、(2005)).
22  Vipin Kumar Deo and Enoch Y. Park, Journey of silkworm from Silkroad to Bioroad, Asia Pacific BIOTECH, 10(1), 5-6 (2006).
23  朴 龍洙,“カイコを用い、インフルエンザウイルス吸着剤の合成に必要な酵素を生産することに成功”,ブレイン テクノニュース 第134号、7-10 (2009).
24  朴 龍洙,新エネルギー・新産業技術総合開発機構「バイオマスエネルギー高効率転換技術開発/バイオマスエネルギー転換要素技術開発」研究課題:植物性油脂の精製に用いた廃白土に残留する植物油からのバイオディーゼル燃料製造技術の開発の成果報告書、研究期間平成18年~20年、2009年3月.
25  朴 龍洙,「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」、2005年~2008年(4年間)研究課題:高次タンパク質の大量発現用バクミドの開発及び応用、成果報告書、研究期間、2009年4月.

Books(著書)

1 バイオプロセスシステムエンジニアリング(Bioprocess Systems Engineering)、シーメムシー出版、清水 浩編集 、p 251-265, 2002。
2 画像解析法とその利用、生物工学ハンドブック、日本生物工学会編、コロナ社 p239-242(2005)
3  “Recent Progress in Microbial Cultivation Techniques”, in Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology, Kobayashi (ed.), Recent Progress of Biochemical and Biomedical Engineering in Japan I, Vol. 90: 1-33, Springer-Verlag Berlin Heidelberg (2004).

 

Laboratory of Biotechnology.
Green Chemistry Research Division, Research Institute of Green Science and Technology