教員・研究案内

植物病理学研究室(瀧川)

瀧川雄一

私の研究室では、植物の病気に関する研究を行っています。
ヒトなどの動物が病気になるように、植物もまた、病原菌やウイルスによって病気になります。その症状は、葉が枯れたり、全体がしおれたり、斑点が現れたりとさまざまです。そして病気が起こった時、その原因を探って明らかにし、発生を防ぐための研究を行う学問が植物病理学です。

本研究室はその中でも、細菌が原因である植物の病気について、その病原細菌の同定と分類を主なテーマとしています。
この病気の原因となる病原細菌は何なのか?
異なる病原細菌どうしの類縁関係は?
同じ病気が発生したときに、早く正確に診断する方法は?
病気にする細菌と病気にしない細菌では、遺伝子のどこが違うのか?

私たちは、栽培の現場から病気の植物を採取することを始めとして、その植物から病原細菌を取り出し、クローニングやDNA塩基配列の解読など研究室内で行う遺伝子レベルの実験から、温室や畑で植物を育てて行う圃場実験まで、いろいろな視点から植物の病気を調べています。時にはまったく新しい病害を発見したり、新種の細菌を見出したりすることもあります。そして、こうした植物病原細菌がどのような経緯をたどって、現在のように進化してきたのかを調査・考察したり、生物防除の方法も研究しています。

現在、本研究室では、野菜、花、樹木に至るまで、さまざまな植物の細菌による病気を扱っています。
例:エンドウ先端黄白化症、メロン果実内腐敗病、キュウリ新細菌病


メロン果実内腐敗病


エンドウ先端黄白化症

トピックス